■ 産業医科大学整形外科学教室の歩み
◎主任教授名(生年)とその在任時期

初 代
 
鈴木 勝己 教授 (1931-)
1978年4月1日-1996年3月31日

第2代
 
中村 利孝 教授 (1948-)
1996年6月1日-2013年3月31日

第3代
 
酒井 昭典 教授 (1961-)
2014年1月1日-

↑トップへ戻る

■ 主たる臨床活動の変遷
 初代鈴木勝己教授は、関東労災病院整形外科部長から赴任された。手の挫滅創に対する初期治療(ブラッシングとデブリドマン)の重要性を説き、開放創治療の標準化の確立に貢献した。外傷後の手の機能再建を発展させた。外傷性ボタンホール変形に対する長掌筋腱とその周囲筋膜を用いた独自の伸筋腱形成術を考案した。本法は、Green’s Operative Hand Surgery 4th Editionにも紹介されており、現在でも同一術式による伸筋腱形成術が行われている。一般臨床活動とともに産業保健活動を行った。林野庁林業労働障害対策研究委員会、林業労働災害防止協会白ろう病検診委員会、労働省塩ビ障害に関する専門家会議、人事院頚肩腕症候群専門家会議などの委員を務め、産業医学における運動器障害の予防と治療の発展に貢献した。整形外科学が産業医学の重要な一分野であることを示した。1989(平成1)年5月11-12日には、第32回日本手の外科学会を開催し、日米における手の職業性障害の予防を特別講演、シンポジウムとして取り上げた。鈴木勝己教授は、1996(平成8)年4月1日、産業医科大学名誉教授となった。

 第2代中村利孝教授は、股関節外科、代謝性および炎症性骨・軟骨疾患に対する臨床・研究を充実発展させた。運動器の機能再建と維持という広い観点から、EBM(Evidence-Based Medicine)に基づいた運動器疾患の治療と予防の実践を行った。一般臨床活動とともに保健活動を行った。我が国における骨粗鬆症による椎体骨折と大腿骨近位部骨折の現況と問題点についてWHOにおいて報告した(Bull World Health Organ 77:430-431、1999)。2003(平成15)年10月16-17日には、北九州国際会議場・西日本総合展示場において約1,200名の参加者を迎え、第18回日本整形外科学会基礎学術集会を開催した。本学術集会では「運動器疾患治療のbreakthroughを求めて」をメインテーマに、幹細胞のニッチェ、再生医療、細胞の発生・分化、細胞内・細胞間シグナル伝達などの分子メカニズムの解明とともに、治療への応用が取り上げられた。「相互批判による研究成果の客観化」と、「個別分野の成果から、全体の進歩への貢献」という2つの要素が医学研究に重要であることを示した。18日には、「骨の痛みをとる」というテーマで市民公開講座を行った。2004(平成16)年11月18-20日には、第6回日本骨粗鬆症学会ならびに骨ドック・健診分科会を開催した。米国における骨粗鬆症治療の対立する意見、ステロイド誘発性骨粗鬆症の病態と治療、骨粗鬆症の病因を分子レベルから探る、を特別講演として取り上げた。骨粗鬆症の骨折防止から高齢者のQOLの維持と増強までを視野におさめ、運動器疾患の治療と予防の向上について広範囲に議論した。中村利孝教授は、2013(平成25)年4月1日、産業医科大学名誉教授となった。

 第3代酒井昭典教授は、昭和61年に産業医科大学を3回生として卒業された。手外科、四肢外傷、代謝性および炎症性骨・軟骨疾患に対する臨床・研究を専門としている。手指の腱鞘炎・絞扼性末梢神経障害・キーンベック病などの作業関連疾患、労働災害による四肢外傷を手術治療し、早期の社会復帰を可能にすること、そして、労働災害に対する予防対策を確立することを通じて、災害外科・産業医学に貢献している。

↑トップへ戻る

■ 主たる研究活動の変遷
@ 臨床的研究
 鈴木勝己教授は、外傷性ボタンホール変形に対する長掌筋腱とその周囲筋膜を用いた伸筋腱形成術(Hand 5:145-148、1973)、先天性近位橈尺骨癒合症に対する癒合部遠位での橈骨部分切除と上腕二頭筋付着部前進による回外機能再建術(日手会誌 11:33-35、1995)、No man’s land(Zone U)内陳旧性多指屈筋腱損傷の2期再建法(日手会誌 12:264-266、1995)など、独自の術式を考案し、その術式の紹介と臨床成績を報告した。また、職業的に手を酷使する労働者に生じた伸筋腱断裂とその産業医学上の問題点を報告した(J Hand Surg 16B:70-71、1991、J Hand Surg 20A:474-477、1995)。外傷あるいは疾病による手の障害に関する臨床的研究を指導し、手の外科領域の発展に貢献した。

 中村利孝教授指導のもと、股関節グループでは、寛骨臼回転骨切り術後10年の関節症進行に関与する因子、セメントレス人工股関節置換術後のステム周囲のX線変化、亜脱臼性股関節症に対する塊状骨移植をしないセメントレスソケットの固定、等の研究を行った。手外科グループでは、キーンベック病に対する長掌筋腱球置換術における腱球内骨核の有無による成績比較(Hand Surg 9:145-149、2004)、マレット骨折に対する新しいX線評価法、橈骨遠位端骨折に対するintra-focal pinning・彎曲髄内釘による手術成績を、脊椎グループでは、高齢女性のADL・QOLに及ぼす脊柱変形因子、骨粗鬆症性椎体骨折におけるX線像と残存疼痛に関連する因子、頚髄症に対するC3-7拡大術における脊柱管拡大と上肢運動機能改善との相関性を、膝グループでは、人工膝関節置換術後の出血抑制効果に対するcryotherapyの効果をRCTで評価、スポーツ傷害の予防とケア、を中心に研究を行った。厚生労働科学研究費補助金により、「高齢者の脊柱変形と躯幹短縮による生活機能低下の実態の解明と予防法の開発」の臨床研究を行った。

 酒井昭典教授は、ハイドロキシアパタイトとポリL乳酸の複合体からなる生体内吸収性プレートを用いた上肢骨折手術を世界で初めて行った(J Bone Joint Surg Am 94:1597-1604、2012)。生体内吸収性材料の臨床応用を行うとともに、生体内吸収性プレートとチタン製プレートで骨折を治療したときの治癒過程の違いについて、分子・組織レベルで基礎研究を行っている。「骨粗鬆症性骨折の重傷度・手術成績と骨粗鬆症との関連性(J Hand Surg Am 33:820-826、2008)」、「人工膝関節置換術における大腿骨・脛骨コンポーネント至適回旋設置角度の研究」、「3Dシミュレーション技術を用いた脊椎脊髄外科の新たな手術支援システムの開発」(基盤研究A)を行っている。産業医学研究として、「労働災害による上肢外傷の発生要因を解析と防止対策の確立」(産業医学重点研究)、「職業性腰痛に対する産業医学的疫学研究と運動介入研究」を遂行している。

A 基礎的研究
 鈴木勝己教授指導のもと、人工気象室を利用し、「労働と健康に関する生態学的研究:振動障害の基礎的研究」が行われた。皮膚温、振動覚、ピンチ力と、室温、年齢、冷水負荷テストの成績との関連を明らかにした。さらに、文部省科学研究費補助金により、「環境温度、負荷局所振動の変化による手指皮膚温、知覚、筋力の変動」の解析を進め、振動伝達の生理学・人間工学的研究を遂行した。これらの研究成果は、作業現場における環境条件と生理機能の変化について貴重な情報をもたらし、「振動工具と手の反応」に対して、日本災害医学会から学会賞を受けた。林野庁から「全身振動と腰痛」の委託調査研究を行い、群馬営林局管内で現地調査を毎年行った。熊本営林局から研究補助を得て「骨関節の加齢変化」の研究を行った。骨粗鬆症や関節軟骨に対するパルス電磁場(PEMF: pulsing electromagnetic fields)の効果を明らかにした(Int Orthop 15:341-346、1991)。無響室を利用し、関節運動時に発生する音の周波数分析を行い、変形性関節症患者におけるその特徴を明らかにした。産業生態科学研究所人間工学研究室との共同研究で、手関節分回し運動の動的解析を行い、手の各種疾患における運動障害のパターンを明らかにした(Ergonomics 35:1467-1477、1992)。

 中村利孝教授は、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究(骨格系の制御プログラムと疾患、2000-2004)として、「骨・骨髄損傷後の血管新生から組織再生までの遺伝子発現と制御」について研究を行い、骨再生過程において血管新生を促すVEGFのアイソフォームおよびその受容体ファミリーの発現パターンを明らかにし、骨形成におけるVEGF/Flt-1シグナル系の重要性を示した。中村教授指導のもと、現在、日本学術振興会科学研究費補助金から研究助成を得て、「間欠的荷重負荷による骨の構造強化作用における低リポ蛋白受容体シグナルの役割解明」(基盤研究B)、「非荷重による骨量減少における、骨髄細胞のシグナル伝達の変化と分化異常の解明」(基盤研究B)、「脊柱変形に関連する遺伝的要因ならびに後天的要因の解明」(基盤研究C)、「新規脳内ペプチドの関節炎動物モデルでの役割と病態生理・分子機構の解明」(基盤研究C)、「自発運動負荷による骨髄細胞分化異常と分子メカニズムの解明」(基盤研究C)、「慢性炎症性疾患続発性の骨粗鬆症における細胞周期関与の解明」(基盤研究C)を進行している。その他、遺伝子欠損マウスを用いた研究、骨に作用する各種薬剤の前臨床試験および基礎的実験を行っている。ビスフォスフォネート、副甲状腺ホルモン、カルシトニンをはじめ、PGE2受容体のひとつであるEP4の選択的作動薬、COX-2選択的阻害剤、cathepsin K阻害剤を用いている。これらの新規化合物との組み合わせや連携的な使用により、より強力な骨同化作用が期待できる可能性を検証している。

 酒井昭典教授は、「メカニカルストレスが骨の量と構造を制御する分子メカニズムの解明」(基盤研究B)をテーマに研究を遂行している。また、酒井教授指導のもと、大学院生を中心として、「コンディショナルノックアウトマウスを用いた骨折治癒や骨棘形成、椎間板変性の病態解明」、「関節内組織からの間葉系幹細胞単離と再生医療への臨床応用」、「疼痛ストレスにおける脳内生理活性物質の分子基盤の解明」(基盤研究C)を進行している。

↑トップへ戻る

■ 主な主催学会
◎鈴木勝己教授
学 会 名 会 期
第59回西日本整形・災害外科学会 1980(昭和55)年5月24-25日
第3回九州手の外科研究会 1982(昭和57)年1月30日
第67回西日本整形・災害外科学会 1984(昭和59)年5月26-27日
第75回西日本整形・災害外科学会 1988(昭和63)年5月28-29日
第36回日本災害医学会 1988(昭和63)年10月8-9日
第32回日本手の外科学会 1989(平成1)年5月11-12日
第83回西日本整形・災害外科学会 1992(平成4)年6月6-7日
第3回日本腰痛研究会 1995(平成7)年10月28日
第17回九州手の外科研究会 1996(平成8)年2月3日

◎中村利孝教授
学 会 名 会 期
第93回西日本整形・災害外科学会 1997(平成9)年6月7-8日
第19回日本骨形態計測学会 1999(平成11)年6月25-26日
第99回西日本整形・災害外科学会 2000(平成12)年6月3-4日
第18回日本整形外科学会基礎学術集会 2003(平成15)年10月16-17日
第107回西日本整形・災害外科学会 2004(平成16)年6月19-20日
第6回日本骨粗鬆症学会 2004(平成16)年11月18-20日
第115回西日本整形・災害外科学会 2008(平成20)年6月14-15日
第123回西日本整形・災害外科学会 2012(平成24)年6月2-3日


↑トップへ戻る