診療案内 同門会の先生方へ
 
産業医科大学 整形外科学教室
 
酒井 昭典
整形外科学 教授

 平成26年1月1日より産業医科大学医学部整形外科学教授を担当させていただいております。初代 鈴木勝己教授、第2代 中村利孝教授に引き続き、第3代目を継承しております。当科では、四肢の疾患・外傷、脊椎・脊髄の疾患・外傷など運動器の疾患・外傷全般の診療・研究・教育を担当しています。

 診療でのモットーは、@ 地域から信頼される医療、A 高度な専門性が要求される医療、B 難治疾患に挑戦する医療、を提供することです。そのためには、他科の先生方とのチーム医療が欠かせません。垣根のない院内連携を推進したいと思っています。

 運動器のcommon diseaseは整形外科の全医師で行い、さらなる専門的治療は診療班に分かれて行っています。本院は、上肢外科班、下肢外科・人工関節班、脊椎・脊髄外科班、外傷班の4つに分れて、若松病院はスポーツ・関節鏡班に特化して診療に当たっています。助教以上のスタッフは、いずれかの診療班に属しています。専門修練医(国家試験合格後3〜6年目の医師)は、各診療班を3〜6ヵ月毎にローテーションし、創処置、骨折・脱臼に対する徒手整復、開放骨折に対するブラッシング・デブリードマン・創外固定、関節造影、脊髄造影、神経根ブロックなどの基本的手技を習得するとともに、知識と技量に応じて指導医のもとで執刀医として手術を担当するようにしています。

 当科では、ハイドロキシアパタイトとポリL乳酸の複合体からなる生体内吸収性プレートを用いた上肢骨折手術を世界で初めて行いました。従来からある金属製プレートと異なり、抜去する手術が不要で、金属アレルギーの患者さんにも使用可能です。生体内吸収性材料の臨床応用を進めるとともに、大学院生を中心に基礎研究を行っています。また、メカニカルストレスが骨の量と構造を制御する分子メカニズムの解明、疼痛ストレスにおける脳内生理活性物質の分子基盤の解明、3D技術を用いた手術支援システムの開発を基礎研究のテーマにしています。労働災害による上肢外傷の発生要因と防止対策の確立、職業性腰痛に関する産業医学的疫学研究と介入研究を産業医学研究のテーマにしています。学内基礎医学講座・産業生態科学研究所・学外とのコラボレーション、海外留学も積極的に行っています。新しい治療法の開発や予防法の確立など次世代に繋がる研究を行うことをモットーにしています。当科から世界に向けて新しい情報をどんどん発信していきたいと思っています。

 学生教育では、心にひびく教育、頭脳にひびく教育、五感にひびく教育をモットーにしています。人の痛みがわかる思いやりと優しさ、科学的根拠に基づいて的確な判断ができる能力をもった優れた医師を育成するよう努めています。
 熱意と誠意をもって、診療・研究・教育に精励しています。整形外科学教室員と病棟・外来の医療スタッフが一丸となり、地域の皆様から信頼され、愛され、活気に満ちた整形外科を実践していく所存です。これからも当科に対しましてご指導とご鞭撻、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。また、学生の皆さんには門戸を広げてお待ちしています。